通夜・葬儀・告別式   ★法  事   ★香典返し  ★僧侶などへの各種御礼

通夜・葬儀・告別式

  表書きの種類

       「御霊前」・「御香典」・「御悔」

  金封・多当・のし袋・のし紙の種類

金封
(水引付き不祝儀
  袋)
・水引は黒白(5本か7本)・双銀(7本か10本)の結び切りが付いた
 ものを使用します。(金額により使い分ける)
ハスの花の浮き出しの有る商品を選びます。
・地域によって黄白の水引を使用します。
多当
(水引を印刷した
  不祝儀袋)
・水引は紫銀(5本か7本)の結び切りが印刷されたものを使用します。
ハスの花の浮き出しの有る商品を選びます。
・地域によって黄白の水引を使用します。

のし袋
(水引を印刷した
  不祝儀袋)
・水引は紫銀(5本か7本)の結び切りが印刷されたものを使用します
ハスの花の印刷されている商品を選びます。
・地域によって黄白の水引を使用します。

      注意点

      ・表書きは、薄墨か濃墨で書きます。
      ・四十九日法要前までは「御霊前」を使用するのが一般的です。
       ※四十九日法要前でも納骨された場合は「御仏前」を使用される方もございます。
      ・金額に合った不祝儀袋を使います。
      ・「御香典」は主に西日本地域で使用されます。


法 事(四十九日法要・一回忌法要・三回忌法要・七回忌法要など)

  表書きの種類

   「御仏前」・「御供」

  金封・多当・のし袋・のし紙の種類

金封
(水引付き不祝儀
  袋)
・水引は黒白(5本か7本)・双銀(7本か10本)の結び切りが付いた
 ものを使用します。(金額により使い分ける)
ハスの花の浮き出しの有る商品を選びます。
・地域によって黄白の水引を使用します。
多当
(水引を印刷した
  不祝儀袋)
・水引は紫銀(5本か7本)の結び切りが印刷されたものを使用します。
ハスの花の浮き出しの有る商品を選びます。
・地域によって黄白の水引を使用します。

のし袋
(水引を印刷した
  不祝儀袋)
・水引は紫銀(5本か7本)の結び切りが印刷されたものを使用します
ハスの花の印刷されている商品を選びます。
・地域によって黄白の水引を使用します。
のし紙
(水引を印刷した
  平紙)
・水引は紫銀(5本か7本)の結び切りが印刷されたものを使用します
ハスの花の印刷されている商品を選びます。
・地域によって黄白の水引を使用します。

      注意点

      ・表書きは、薄墨か濃墨で書きます。
      ・四十九日法要前までは「御霊前」を使用するのが一般的です。
       ※四十九日法要前でも納骨された場合は「御仏前」を使用される方もございます。
      ・金額に合った不祝儀袋を使います。
      ・のし紙には「御供」と書くのが一般的です。

香典返し

  表書きの種類

   「志」・「満中陰志」
   

  のし紙の種類

のし紙
(水引を印刷した
  平紙)
・水引は紫銀(5本か7本)の結び切りが印刷されたものを使用します
ハスの花の印刷されている商品を選びます。
・地域によって黄白の水引を使用します。

  注意点  

      ・表書きは、薄墨か濃墨で書きます。
      ・忌明け後(四十九日法要後)に香典返しをします。通常「半返し」と言って頂いた
       金額の半額程度の品物をお贈りします。

      ・表書きは東日本では「志」、西日本では「満中陰志」が一般的です。
      ・宗派や地域によって異なる場合が多々あります。
      ・表書の名前は「姓」のみ書きます。

       

僧侶などへの各種御礼

  表書きの種類

      「御布施」・「御礼」・「志」・「御車代」・「御戒名料」

  金封・多当・のし袋・のし紙の種類

金封
(水引付き不祝儀
  袋)
・水引は黒白(5本か7本)・双銀(7本か10本)の結び切りが付いた
 ものを使用します。(金額により使い分ける)
ハスの花の浮き出しの有る商品を選びます。
・地域によって黄白の水引を使用します。
多当
(水引を印刷した
  不祝儀袋)
・水引は紫銀(5本か7本)の結び切りが印刷されたものを使用します。
ハスの花の浮き出しの有る商品を選びます。
・地域によって黄白の水引を使用します。

のし袋
(水引を印刷した
  不祝儀袋)
・水引は紫銀(5本か7本)の結び切りが印刷されたものを使用します
ハスの花の印刷されている商品を選びます。
・地域によって黄白の水引を使用します。

      注意点

      ・表書きは、濃墨で書きます。
      ・臨終確認の時の医師や看護婦への「御礼」は白無地の袋を使用します。
      ・僧侶への御礼(お教、通夜、葬儀など)の表書きは「御布施」です。
      ・僧侶への御礼(戒名を付けて頂いた時)の表書きは「御戒名料」です。
       戒名の金額は該当の寺院にお尋した方がよろしいです。 
      ・葬儀などでお手伝い頂いた方への御礼は「志」の入ったものを使用します。
      ・金額に合った不祝儀袋を使います。
      ・表書の名前は「姓」のみ書きます。